home > 山行日和 > 唐松岳〜五竜岳縦走/2

唐松岳〜五竜岳縦走/2 '16.10/10〜11

唐松岳〜五竜岳縦走/1へ戻る

扇雪渓を登ったところで、ザックを降ろして休憩。
雲海に浮かぶ圧倒的な存在感の五竜岳と、
その奥には猫耳の鹿島槍ヶ岳の絶景です。
疲れて食べ物がのどを通らないのですが、
朝のカフェラテしかエネルギーを摂っていないので、
チョコバーを半分ほどかじり、
ウィダーインゼリーで無理やり胃に流し込みますます。

それにしても祝日とあって、人の多いこと多いこと。
ここまでで、何十人という人に追い抜かれました。
3連休最終日なので、日帰りで唐松岳往復をする人が大半だと思います。
明日には静かな山が戻ってくるでしょう。

 

まだ雪が残る不帰の険と、白馬三山。
稜線の高さに近づき、大迫力の山容を満喫しながら登ります。

キター!山小屋チラリズム!
稜線まだかよ!とふてくされていた心と体にガツンと効くカンフル剤です。

■唐松岳頂上山荘 am11:30

八方池山荘から登ること3時間45分、
唐松岳頂上山荘に到着。
昼時とあって、山小屋周辺は昼食を摂る登山客で混んでるなぁ。
とりあえず荷物をデポして、休憩せずに唐松岳の山頂を目指す事に。

身軽になり、山小屋から続く唐松岳山頂への稜線をホイホイと進みます。

 

■唐松岳頂上 am11:57

山小屋から30分ほど登れば、2696mの山頂です。
唐松岳は後立山の中でも小さい山で、目立たなくて地味な山ですが、
日帰り往復圏内のお手軽なルートなので人気はあります。
山頂はたくさんの人がひしめき合っていて、記念写真を撮るのも順番待ちです。
記念撮影のはるか後方で雲海から顔を出しているのは、立山と剱岳です。

唐松岳山頂から見た五竜岳。
逆光で色が悪いですが、どっしりとして物凄い存在感です。
後立山の中で、最も形が綺麗でカッコイイと個人的に思っています。
もし今日中に頑張って五竜山荘まで行ければ、
明日にはあの山頂からこちらを見る事ができるんだなぁ。

唐松岳山頂から見た、白馬三山方面。
こうやって見るだけだと、私でも不帰の険を踏破できそうな気がしますが、
実際に歩くととんでもなく険しいんでしょうね。

「ふっ、やっとここまで来たか、カラ松ガールズ!」
唐松岳に行くんならと、ネタで持ってきた、カラ松プロマイド。

おそ松さんドハマリ記念に、
唐松岳に来たら是非やってみたかった、山頂でシェー!
…人が多すぎて恥ずかしくて出来なかったので、
唐松岳とカラ松のコラボだけで我慢。
これでも十分恥ずかしかったですがね…。

唐松岳〜五竜岳縦走/3へ続く


home > 山行日和 > 唐松岳〜五竜岳縦走/2
広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー