home > 山行日和 > 紅葉の夜叉ヶ池トレッキング/1

紅葉の夜叉ヶ池トレッキング/1 '15.10/21

福井県と岐阜県の県境となる稜線上に、夜叉ヶ池と呼ばれる池があります。
この池に住む竜神に嫁いだ夜叉姫の伝説が、池の名前の由来です。

7時半頃にバイクに乗り愛知を出発しましたが、
通勤時間帯とあって岐阜市内が混雑し、
なかなか思うように進めません。
道の駅夜叉ヶ池の里さかうちに到着する頃には、
もう10時半を回っていました。

この日、道の駅は定休日でした。
この道の駅にある登山届ポストに届けを書いて提出したら、
夜叉ヶ池の登山口がある林道に向かいます。

 

R303から谷筋の舗装林道に入ります。
細くて寂しい舗装林道を、10kmほど奥へ奥へ。

林道の行き止まりに駐車帯があり、ここが登山口になります。
ここから1kmほど手前の道沿いにあるトイレが、
このルート上の唯一のトイレです。

歩く準備をしていたら、もう11時半。
池まで往復するだけなら大丈夫だと思いますが、
随分と遅いスタートになってしまいました。
写真中央の白い看板が案内図です。
看板の右が登山口に見えますが、その先は行き止まり。
本当の登山口は、看板の左からいきなり谷まで下る道です。

 

最初は、一気に眼下の谷まで下り、再び登り返す道です。
しんどいのは最初だけで、登ってしまえば、この後はずっと水平の道となります。

 

ただ今、紅葉&黄葉の鮮やかな道を楽しみながらのんびり進んでいますので、
次のページまで紅葉をお楽しみ下さい。

 
  

紅葉の夜叉ヶ池トレッキング/2へ続く


home > 山行日和 > 紅葉の夜叉ヶ池トレッキング/1
広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー