home > 中部 > '17木曽ツーリング/1


'17木曽ツーリング/1

萌黄色に染まる木曽の森や清流・滝を、のんびり巡りました。

5/18〜19日にキャンプツーリングに行きました。
2日間あるといっても用があってゆっくりできないので、近場の木曽周辺を散策する事にしました。

5時に起床して高校生の子供達の弁当を作り、準備して7時に出発。
R19を進みますが、春日井のR155交差周辺で壮絶な大渋滞。
意地でもすり抜けせずに我慢したので30q進むのにほぼ2時間かかり、早くもグッタリです。

その後は土岐〜恵那〜中津川と順調に進み、木曽路へと入りました。
気温が寒い〜!
厚着をしてきたので、愛知県を脱出するまでは暑かったのですが、
木曽に入る頃には歯がガチガチと震えます。

■道の駅賤母

お尻が痛い〜疲れた〜!
道の駅賤母にピットインします。
停まったのは道の駅側でなく、R19を挟んだ向かいの砂利駐車場の方です。
こちら側では、綺麗な木曽川が見られるのです。

時刻はまだ10時ですが、早起きしたのでもうお腹が空きました。
駐車場から法面の急な階段を降りて川に下り、
石に腰かけて川面を眺めながら、
家から持ってきた缶コーヒーとランチパックで、早めの昼食を摂りました。

平日のまったりしたR19をのんびり走ります。
今日明日と晴天予報ですが、どうも行く手の雲行きが怪しい…。

■柿其水路橋

十二兼からR19を逸れ、柿其渓谷に向かいます。
途中でくぐるレトロな水路橋は、大正12年製の重要文化財である柿其水路橋です。

■柿其渓谷

細い山道を進んで、柿其渓谷の入口にやってきました。
ここからはバイクを降り、徒歩で渓谷を巡ります。
恋路橋という吊り橋を渡って、川沿いの遊歩道を進みます。

 

■黒淵

遊歩道を少し進むだけで、とても綺麗な淵が見られます。
透明なグリーンの水面が木漏れ日で揺らめき、とても神秘的です。

 

黒淵を過ぎ、断崖にへばりつくような遊歩道を進んでいきます。
この先、牛ヶ滝という綺麗な滝があるのですが、その滝を見るためには、急な階段を上っていかなければなりません。

■牛ヶ滝

階段を登りつめると東屋の休憩所があり、
そこまで来てやっと牛ヶ滝が見られます。
この写真は、東屋から更に少し下った鑑瀑台から見た牛ヶ滝です。
何度もこの滝には来ているのですが、
何度見ても圧倒され魅了される、お気に入りの美しい滝です。

'17木曽ツーリング/2へ続く


home > 中部 > '17木曽ツーリング/1

広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー